郵政民営化問題を中心にニッポンを考えます。一個人として。


by kenkun63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「民意」は決して郵政民営化賛成ではない

とくらBlog」でもふれられているように、郵政民営化法案への賛成票よりも反対票の方が実は多かったという話題があります。

 この話題が「日刊ゲンダイ」に掲載されたものであるから眉唾扱いする向きもあるようですが(私は小泉自公の批判が出来ない五大新聞よりずっと信頼していますが)、取りあえず「日刊ゲンダイ」の記事を見てみましょう。

(ここから)
 「これはある民間グループがまとめたものだが、先日の総選挙の小選挙区の投票をすべて積み上げたところ、郵政民営化に賛成議員の得票総数は3389万7275票。一方、反対議員の得票は3419万4372票。反対派の勝ちとなったのだ。
 郵政民営化法案に賛成だったのは自民、公明の公認候補と一部無所属議員。反対だったのは民主党、社民、共産の公認候補と平沼、野田聖子などの反対派候補、さらに新党の候補。これらの1131人の全立候補者を色分けし、小選挙区でのそれぞれの得票を合計したら、30万票ほど反対候補のほうが多かったのです」(関係者)
 同じような集計は他にもあり。多少の誤差はあるもののどの試算でも反対派の得票が上回っている。」
(ここまで)
 
 また、西尾幹二氏のブログ「西尾幹二のインターネット日録」でも同じ数字が取り上げられています。

 この際ですから私自身が検証してみました。
 アサヒ・コムで無所属候補を確認しながら集計したところ、無所属候補の得票総数は3,240,521でした。
 各候補のHPや選挙報道により主要な無所属候補(1万票以上得票)の得票を郵政民営化法案賛成・反対に切り分けたところ、
賛成659,996 反対2,494,319 となりました。
 郵政民営化法案反対組のほか村岡敏英(秋田3)、田中真紀子(新潟5)、山口克也(大阪7)、原和美(兵庫1)、石橋良三(広島3)、徳田毅(鹿児島2)、下地幹郎(沖縄1)、島尻昇(沖縄2)の各氏は「反対」、本会議で賛成票を投じた坂本哲志(熊本3)氏、堀江貴文(広島6)・江田憲司(神奈川8)両氏のように「賛成」を明言している候補者及び中村喜四郎氏(茨城7)ほかの賛否が不明な保守系候補は「賛成」としました。

 政党別得票数は 「たかまつ いさおのLove&Peace本舗」にたかまつさん自身が総務省選挙部管理課に問い合わせた最終得票数が掲載されています。
 「賛成」は自民党・公明党の合計 33,499,494
 「反対」は、民主党・共産党・社民党・国民新党・新党日本・新党大地の合計 31,324,717
 これに無所属候補分を加算すると、得票数は賛成34,159,490 反対33,819,036 、賛否の比率は賛成50.25%、反対49.75 %となります。

 結論としては、反対が賛成を上回っているとまでは言えないとしても、僅差で拮抗していることは間違いないということです。

 小泉自公がテレビ・大新聞と一体となって「郵政民営化=善」と国民を欺く大キャンペーンを実施したにもかかわらず、賛否が相半ばしているのです。「民意」は決して郵政民営化法案に賛成してはいないことがはっきりしました。

 衆参の青票組は信念を取り戻し、反対を貫くべきです。
[PR]
by kenkun63 | 2005-09-18 14:23