郵政民営化問題を中心にニッポンを考えます。一個人として。


by kenkun63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

青票組は信念を取り戻せ - 元(?)反対派議員たちへの手紙

 郵政民営化法案に反対された先生方が続々と郵政民営化法案賛成に転向されるとの報道が相次ぎ大変衝撃を受けております。先生も賛成に転向されるとのことですが本当でしょうか?先生の今までのご発言をよく存じ上げている私にはとても信じられません。

 今回の衆院選で「民意が示された」と言われますが、この「民意」は、郵政民営化法案の内容について国民への正しい説明をしない一方で、「官から民へ」「小さな政府」といった国民に意図的に誤解を与えるスローガンや「27万人の郵政公務員の既得権」「一部の特権階級」などと郵政公社職員をスケープゴートにした悪質なプロパガンダをマスコミと一体となって行い、「郵政民営化=善」であると国民に信じ込ませた結果です。

 現に亀井静香先生が小泉郵政民営化の欺瞞を指摘された広島6区では亀井先生が勝利され、「郵政民営化反対が民意となった」のではないでしょうか。

 先生は郵政民営化法案の内容も十分理解しないまま単に総裁・執行部の意向に従い賛成票を投じられた多くの先生方とは異なり、法案の内容を十分吟味され、これに欠陥があるから信念を持って反対されたはずです。

 しかもこの欠陥は軽微なものではなく、この法案によって過疎地の郵便局のほとんどがなくなり国民に大きな不便を与えるばかりか、国民の大事なお金が外資の餌食にされる恐れがある重大なものであることをよくご存知のはずです。

 与党議員でないとご自分の政策を実現することができないというお気持ちも分かりますが、もはや自民党は自由に意見を言うことが出来たかつての自民党ではなく、森派と今回大量当選した小泉チルドレンが圧倒的多数を占める小泉総裁の私党同然であり、全く別のものに変質してしまいました。

 政治家の信念は重いものであることを国民にお示しいただくためにも、先生には与党議員の地位に恋恋とされることなく、速やかに新党へ合流されますよう心からお願い申し上げます。
[PR]
by kenkun63 | 2005-09-15 04:01