郵政民営化問題を中心にニッポンを考えます。一個人として。


by kenkun63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

国民が騙されていることに気づいたとき

 9月7日のブログ「国民を騙すような候補者・政党は支持できない 」でも述べましたが、小泉自民党の悪質なプロパガンダにほとんどの国民が騙され、郵政民営化を支持しているのが実態です。

 実際に9月9日の西日本新聞への42歳女性の投稿に次のようなものがありました。
(ここから)
「勘違いしていた民営化の議論」
 各党代表による討論番組を聞いていたら、「郵便局には税金は投入されていない」という発言と「法人税を払っていないのだから税金を投入されているのと同じ」という反論が聞こえてきた。
 単に自分の勉強不足だけれど、郵政民営化の目的には「税金で給与を支払われている公務員である郵便局員を減らすということか」と思っていたので、「話が違うじゃないか」と驚くとともに、私と同じような勘違いをした上での郵政民営化に賛成の人も少なくないのではないだろうか、と恐ろしい気がしてきた。(以下略)
(ここまで)

 国民の大多数が騙され続けているのは、大マスコミが真実を報道しないことと反対勢力の中で特に民主党の戦略の誤りによるものと思います。

 しかし、少しずつ状況は変わってきていると思います。
 中国新聞8月31日社説(抜粋)
 「なぜ今、民営化が必要か、考える上で気になる点がある。公務員が減るから「改革」という主張だ。首相は「郵便局は公務員でないとできないのか、国民に問いたい」と言う。だが公社は独立採算で、職員給与を国が税金で払っているのではない。民間人になっても負担は減らない。」
 
 筑紫哲也氏は「NEWS23」で控え目ながら、「郵政職員の給料には税金は使われていない」旨を発言しています。

 国民が真実に気づいたとき必ず流れは変わります。
[PR]
by kenkun63 | 2005-09-09 14:26